トップ > サービスの流れ

一般的な仏式でのお葬式の流れ

1.もしものとき

病院等でご臨終の際、弊社では24時間対応をしておりますので、何時でもご連絡いただければ、ご相談に応じてご自宅あるいは安置施設まで寝台車でお送いたします。

≪チェックポイント≫病院から死亡診断書を忘れずに受け取って下さい。

2.安置・枕飾り

ご自宅で安置の場合、お布団にお寝かせし、ドライアイスで処置をします。枕元に枕飾り(お線香等をあげる台など)の用意をし、弔問のお客様を向かえる準備をします。

≪チェックポイント≫安置施設でお預かりの場合は、お線香やお花はお供えできません。

3.打ち合わせ

ご喪家様の都合の良い時間に、弊社あるいはご自宅にて、通夜・葬儀に向けてご遺族様の意向をお伺いし、納得いただけるまで話し合いを進め、詳細を決めていきます。

≪チェックポイント≫ご遺族ご親族様の人数を予測しておかれると良いかと思います。

4.納棺

通夜の前に都合の良い時間を決め、弊社で用意した死装束等をお着せして、皆様と一緒にご納棺させていただきます。この時、故人が生前愛用されていた物があれば一緒にお棺の中に入れてあげても良いでしょう。

≪チェックポイント≫お棺の中に納める物は、「燃えるもの」になります。

5.通夜

当日、ご遺族ご親族様の控え室使用時間に合わせて式場にきていただき、ご供花の名札の順番の確認等を行っていただきます。式が始まる1時間位前には、受付の方の準備式の始まる15分前には、皆様は式場の方に着席になります。

≪チェックポイント≫通夜料理の追加は可能ですが、別途料金になります。

6.告別式

通夜同様式が始まる15分前に、ご遺族ご親族様は着席いただき開式となります。お経が終わり、その後故人との最後のお別れのため、いただいたご供花をお棺一杯に皆様の手でお花を入れていただき 、この後喪主様よりご会葬お見送りに対しての御礼、生前のご厚誼(お見舞い)の御礼のご挨拶をしていただき閉式となります。

≪チェックポイント≫司会者にて弔電を披露する場合は、開式前に読み上げる順番を決めておきます。

7.出棺

閉式の後、火葬炉併設斎場の場合は、お棺がストレッチャーで、ご遺族ご親族様は徒歩にて、火葬炉まで進むことになりますが、それ以外の式場、お寺等で行った場合、お棺は霊柩車、ご遺族ご親族様はハイヤーあるいはマイクロバスにて火葬場に出発となります。尚、火葬場では弊社のスタッフがご案内いたします。

≪チェックポイント≫火葬場での混乱を防ぐため、出棺の際、自家用車はなるべく控えたほうが良いでしょう。

8.繰り上げ初七日

火葬が終わり、お骨上げが無事終了し、その後式場に戻り初七日の法要を営むことがあります。こちらは必ずしもこのタイミングとは限りません。担当者がご遺族様、ご僧侶と打ち合わせをした際にご案内いたします。

≪チェックポイント≫告別式の中で営む場合もあります。

9.精進落とし

繰上げ初七日終了後に、僧侶やお手伝いいただいた方への慰労・感謝の意味もあり、故人を偲んで食事をし、話をし、参会者が交わる席となります。

≪チェックポイント≫食事の前に、ご挨拶や献杯の発声を適任の方にお願いしておきましょう。

10.帰宅

精進落しの席が終わり、皆様自由解散となります。大変お疲れ様でした。ご遺族様はお骨・お位牌・お写真と共に帰宅になります。その際担当者がご自宅に伺い、後でどなたが見えてもお線香をあげられるよう、小机にお骨等を安置し、四十九日(納骨)までの間の後飾り祭壇を設置させていただき、すべて終了となります。

≪チェックポイント≫後飾り祭壇の場所を決めておきます。